プードルネットワーク > プードルについて > プードルを迎えるにあたって
 
 

犬の本(しつけ、健康、アロマなど)

しつけ、トレーニングの本

   
©池田書店
●ほめてしつける犬の飼い方/1,260
(著:テリー・ライアン)

家に迎える準備から、初対面のときの接し方、 そして基本トレーニングまで、 犬の行動・心理にもとづいた「自発的訓練」により、 楽しみながら誰からも愛される犬へとしつける方法を紹介。

詳細を見る


   
©レッドハート
●ダンバー博士の子イヌを飼うまえに/1,575
(著:イアン・ダンバー)

一般的で予測可能な子イヌの問題を取り上げ、 イヌの成長段階に沿って、イヌにやさしい行動問題の予防策や解決法を提案。
初期の社会化、居場所の制限、問題の予防、ごほうびトレーニング、など。
飼育前の一読を。

詳細を見る


   
©レッドハート
●ダンバー博士の子イヌを飼ったあとに/1,890
(著:イアン・ダンバー)

こちらは実践編。
子イヌが生後5ヶ月齢になるまでに、3つのイヌの発達における学習の期限を説いている。
子イヌの発達における学習の期限、子イヌを飼ってからの最初の3週間、家庭のエチケット基礎講座、など。
「…飼うまえに」よりボリューム多く読み応えあり。

詳細を見る


   
©二瓶社
●犬のクリッカー・トレーニング/924
(著:カレン・ブライア)

オペラント条件づけの正の強化を使った方法である「クリッカートレーニング」。 犬に教える簡単な動作などを紹介し、トレーニング方法の基本を解説する。
著者はクリッカーの第一人者。

詳細を見る

健康管理の本

   
©ペットライフ社
●犬の家庭医学大百科/7,140
(著:ブルース・フォーグル)

600点以上の写真とイラストでわかりやすく解説する 愛犬の健康を守る最新ガイドブック。
子犬の育て方から高齢犬の看護まで、役に立つ情報を満載。
犬の病気についての専門知識や、 緊急事態に対する応急処置も詳細に解説。

詳細を見る


   
©WAVE出版
●東洋医学がペットを救う/1,575
(著:坂本 徹也)

ペット医療の最前線、全国各地の東洋獣医学の専門家を訪ね、 西洋医学とは異なる、犬や猫たちの病気の治療法と実例を明かす。
漢方薬、鍼灸術、アロマテラピー、気功、エネルギー療法など、動物の自然治癒力を高める方法も紹介

詳細を見る


   
©洋泉社
●愛犬のための手作り健康食/1,470
(著:須崎 恭彦)

食事を改善することで病気知らずのイヌに育てる方法など、実際の治療例を交えながら具体的に説く。
各食材の犬への効力、食べさせてはいけない食材、カロリー表など。

詳細を見る


   
©現代書林
●ペットの「サプリメント」88/1,050
(著:中村 隆俊)

サプリメントは人間同様、ペットにとっても健康維持に大きな効果が期待できる。 ペットに効果の期待できる成分を「症状」別、「成分」別に分かりやすく紹介。 「漢方薬」「ハーブ」も併せて紹介している。

詳細を見る

犬のアロマテラピー

   
©青春出版社
●わんちゃんが喜ぶマッサージ&アロマテラピー/1,176
(著:青沼 陽子)

愛犬のストレスが解消する、毛づやがよくなる、体のトラブルに早く気づく、信頼関係が深まる…。 飼い主と犬が幸せになる最高のスキンシップ「マッサージ&アロマ」のノウハウをたっぷり紹介。
読み易い初歩的な一冊。

詳細を見る


   
©さんが出版
●愛しのペットアロマセラピー/3,990
(著:クリステン・レイ ベル/訳:田邉 和子)

安心してアロマセラピーを楽しめるように、安全に関する十分な情報や精油のブレンドについてなど。
ペットアロマについてもう一歩踏み込みたい方向け。

詳細を見る

▼プードルについて

プードルってどんな犬?
プードルを迎えるにあたって
プードルのお手入れ
プードルの繁殖・不妊手術
プードルの本
●プードルのグッズ
●プードルのウワサ
●プードルFAQ
Copyright 2003-2009 プードルネットワーク All rights reserved. 禁・無断転載